スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Magic Mouse…逝く

先日の日曜、阪神競馬場から帰ってからの事です。

今年から各競馬場・WINSでは無線LAN環境が整えられており
Wi-Fi機器を持ち込むことで、簡単にネットを利用することが出来るようになりました。

私はMacBook Airを持ち込んでいました。
それを持ち帰り、自宅で電源を入れた時にその異変に気付きました。

接続されたMagic Mouseを動かしても、画面のカーソルが動きません。
クリックすると反応がありますが、やはり何度接続し直してもカーソルは動きません。

「ヤバイ…壊れたか?」

そんな不安がよぎった翌日、職場のiMacに接続してみましたが、結果は同じ。

「壊れたな…こりゃ…」

不安が的中し、まずはとりあえずAppleのサポートへ問い合わせる事にしました。
実はこの時点で購入から1年経っていませんでしたが、購入日時を証明出来るモノを紛失していました。
なので、実費覚悟でまずは修理費用がいくら掛かるか確認し、
もし費用が掛かりすぎるようであれば、新品を購入するつもりでいました。
(ブログの過去記事を探してみると昨年の8月に購入しています)

しかし、Appleのサポートで事情を説明すると…
購入日時を証明出来なくても、無償で交換してくれるとのこと。
何なのでしょう?この気前の良さは??
若干、腑に落ちない感を感じながら、それでも無償交換してくれると言うのだから、
断る理由などありませんw
早速手続きをしてもらいました。

そして今日、交換品が送られて来ました。
(月曜に手続きをして、2日で届いた訳です)
故障したマウスは交換品を届けてくれた運送業者の方がそのまま引き取ってくれます。
送料などもかかりません。

と言う訳で、私のMacBook Airは元通りの環境になりました。
しかし…これが「神対応」なのでしょうかねぇ。
ありがたいのは間違いないのですが…ちょっと気持ち悪いですw

スポンサーサイト

ウィルスバスター for Macの新バージョン

8/9の日付で最新版が公開されているようです。
バージョンは「1.6.1089」。

しかし、8/14の日付で
Lion上でウイルスバスター for Macを使うと「動作を停止しました」メッセージが表示される
のサポートページが更新されていますが、原因調査中との内容です。

と言うことは…
最新版を公開したけれども、直っていないということでしょうか?

そんな状態でウィルスバスターを入れようと思えるわけもなく。
まぁ、静観ですね、今はw

Apple Magic Mouse

ウィルスバスターをアンインストールしてから絶好調のMacBook Air。
やっとモヤモヤした感じから脱し、気持ちよくLionに浸ることができますw

さて、問題が解消されると次の小さな問題が気になり始めます。
実はAirに有線マウス(MS製)を使っていたのですが、
どうも感度が良くない…orz
設定が良くないのかといろいろいじってはみたのですが、なかなか思うような感じにはなってくれません。
トラックパッドでの操作は思いの外スムーズなのですが…

当初はトラックパッドで十分だと思っていたのですが、
やはりマウス操作の方が慣れているので、ここはマウスを新調しようと決断した訳ですw

どうせなら、ずっと興味津々だったAppleの「Magic Mouse」が良いなぁと思い購入しました!

Apple Magic Mouse MB829J/AApple Magic Mouse MB829J/A
(2009/10/31)
アップル

商品詳細を見る


店頭で実際に触って、デザインや操作性などをチェック!
薄い本体のわりに、マウスとしてはそこそこの重量感。
少し迷いましたが、買うと決めて行ったので、そこは物欲で押し通しましたw

帰宅して、Airと接続、設定。
驚くほど簡単で、あっという間に使える状態に。
こういうところはさすがAppleと言った感じでしょうかね。

まだ使い始めて日も浅いので、なかなか慣れていませんが、
ガンガン使っていきたいと思います!

ってか、やっぱ新しいモノを買うってのはストレス発散できて楽しいです!!w


断定しちゃってもいいんじゃないでしょうか?

先日から何度もフリーズしていた私のMacBook Air(with Lion)。

昨日からウィルスバスターをアンインストールして使っています。
(代わりに「Sophos Anti-Virus」を入れました)

まず劇的に変わったのが起動時とシャットダウン時にかかるそれぞれの時間です。
ウィルスバスターを入れていた時は、Airなのに遅くなっていました。
ひどい時はその時点でフリーズしていたりもしました。
ウィルスバスターをアンインストールした今は、かなり早くなっています。
と言うか、Air本来の速さに戻りました。

そして、頻発していたフリーズは、今の段階では発生していません。

アンインストールしてから1日しか経っていないので、
まだ断定するには早い気もしますが、おそらくこれで間違いないのではないかと思われます。

フリーズの原因はウィルスバスターです!
Lionに対応したプログラムとして公開されている現在のバージョン(1.6.1088)は、
安定動作を保証したものではありません。
なので、今までの経験上、インストールすることは個人的にはお勧めしません。

なお、トレンドマイクロのサポートには
Lion上でウイルスバスター for Macを使うと「動作を停止しました」メッセージが表示される
という情報が掲載されています。
対応方法としては、ウィルスバスターの再インストールをして下さいといった内容です。
が、実際にやりましたが、残念ながら私のMacではなんの効果もありませんでした。

といった結論に達しましたが…
たぶんこれでいいのではないでようかね。
引き続き、動作を見守っていきたいと思います。

入れ直してもダメ?

先日、クリーンインストールしたMacBook Air。
これで大丈夫かと思いきや…

昨日、再びフリーズ発生。
しかも2回も。

もうやだ…orz

で、固まった画面を見ながら、気付いた事が2点。

一つは「Google Chromeが起動している時に固まる事が多い」
これは100%と言う訳ではないのですが、このパターンでフリーズしているのをよく見ると言うだけです。
ちなみに、Chromeをダブルクリックした時にちゃんと起動せず、応答無しになる事もしばしば。

そしてもう一つはやはり「ウィルスバスター」。
固まった画面をみると、どうやらウィルスバスターがパターンファイルを更新している時に固まっているようです。
これは私の記憶間違いでなければ、今までもこの状態で固まっていたと思われます。
フリーズしなくても、ウィルスバスター単体で落ちてしまう事もありましたし…

やはり原因の最有力候補はウィルスバスターなのでしょうか?

一度アンインストールして、様子を見たいとは思うのですが、
セキュリティソフト無しで使うのはやはり不安もあり、
何か代わりになるソフトを見つけてから試してみようと思います。

クリーンインストール作業、全く無駄だった…orz


Twitterフォローよろしくお願いします!
@sumahoseikatsu
 
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
携帯電話・PHS
323位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
Android(Google)
71位
アクセスランキングを見る>>
出馬表
検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。