スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本政府は大丈夫なのだろうか?

いつもと少し内容が違いますが、思った事を…

政府は6月を目処に高速道路の休日1000円を廃止、平日2000円も実施をせず、
無料化の件もいったん凍結されることになりました。
数日前には子ども手当の廃止も発表。

確かに、これだけの大震災が発生し、復興予算が必要だというのはわかります。
当然だとも思います。
けど、これらの制度、民主党が政権を取った時には「票集めのマニフェスト」の中にあったもの。
甘い予算確保のせいで野党から「何も考えていない」と批判され続けた制度です。
こう言ってしまうと何とも身も蓋もない感じはしますが、
どうにも「震災にかこつけて無理の多かった公約を止めてしまおう」と言う感じがしてしょうがないです。

そして続いて「消費税の増税」
これもしょうがないのでしょう。
けど、やはりタイミングに疑問があります。
平時に増税を謳えば、それはそのまま支持率に影響しますが、
震災時の今ならそれもほとんどないでしょう。

日本の政治家はこういう時ですら利用してしまう。
我々国民にはそう映ってしまうほど、信用できない人たちなのかもしれません。

とは言え…そういう人や党に票を入れたのは…我々国民なのですが。

先行き不安の世の中で、私たちは何をどう選択すればよいのか?よかったのか?
今一度考え直してみる必要があるのかもしれませんね。
スポンサーサイト
Twitterフォローよろしくお願いします!
@sumahoseikatsu
 
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
携帯電話・PHS
446位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
Android(Google)
106位
アクセスランキングを見る>>
出馬表
検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。