スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相次ぐ引退…

競馬界では、何とも残念なニュースが続いています。

今年のダービーで3着だった「トーセンホマレボシ」。
中央・地方で活躍した「スマートファルコン」。
2年前の南部杯を勝った「オーロマイスター」。
そしてGI5勝、2010年の三冠牝馬「アパパネ」。

いずれもケガによる引退となってしまいました。

特にアパパネは、私が競馬にハマった直後に誕生した三冠牝馬。
GI史上初の1着同着(サンテミリオンと)だったオークスは今でも忘れられません。
また、4歳になってあのブエナビスタを下したヴィクトリアマイルは、
アパパネの持つポテンシャルが最大限発揮されたすばらしいレースだったと思います。

今回、牝馬限定GIで最後に残っている「エリザベス女王杯」を取るべく、
本格的に始動した矢先のトラブルでした。
非常に残念です。

今後は繁殖に上がる訳ですが、お母さんとして立派なGI馬を生んでほしいと思います。

これは妄想ですが、
ウオッカとシーザスターズの仔、ブエナビスタとキングカメハメハの仔、
そしてアパパネとディープインパクトの仔、
この三頭が日本のGI戦線を賑わしてくれたらなぁなどと思っています。

お疲れ様…アパパネ。
そして競走馬としての仕事を終えるサラブレッドたちに…ありがとう。
スポンサーサイト
Twitterフォローよろしくお願いします!
@sumahoseikatsu
 
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
携帯電話・PHS
780位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
Android(Google)
174位
アクセスランキングを見る>>
出馬表
検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。